ビデオオンデマンドの見放題について

ビデオオンデマンドの見放題について

ビデオオンデマンドの定額見放題には色々オプションがありすぎで、単純比較の見放題だけではコンテンツが図れないと思いませんか?

 

ビデオンオンデマンドでも、見放題ばかりのものもあれば、見放題に+課金PPV対象作品が混じったものもありますよね。
しかも、引越ししたてでインターネットプロバイダーを選ぶとなれば、そのプロバイダーと同じ会社のパッケージでお得となる場合もあります。

 

では、皆さんはビデオオンデマンドの見放題をどういった基準で選んでいるのでしょうか?

 

世界最大手のNetflix、国内最大手のU-NEXT、アマゾンプライムビデオ、国内会員数トップのdTV、日テレ系のHulu、だいたいの大手が日本に出揃った感はありますね。

 

そこで、どうやって比較して自分に最適なビデオオンデマンドの見放題を選ぶのかご紹介します。

 

日本ではPCなどで見ることができるYou Tubeなどが無料動画として定着していましたが、映画やテレビ番組などはテレビで視聴するか映画館かレンタルでというのが普通でした。

 

だから、見放題といっても定額を毎月払うなら無料じゃないと思っている人もいたでしょうが、もうそういう時代も終わりに近づいているかもしれません。
もちろんニュースなどはリアルタイムでテレビ視聴すればいいですが、テレビ番組をリアルタイムにソファーに座ってゆっくり見ることができますか?

 

ドラマは?出張した日の第〇話はどうますか?
しかも、映画やドラマ、アニメ映画、雑誌、コミックが好きな方なら、別々に借りたり映画館に行ったり、雑誌やコミックを購入するよりも、ビデオオンデマンドの方が安くて何度も見ることができます。さらには、今ではスマートフォンを持っていない人はいません。その画面でいつでも見ることができたら、一人カフェも楽しめますよね。

 

では、どうやって自分のライフスタイルに最適なものを選べるのか?というと、個人の時間割には相当な差があります。
そこで、ほとんどの大手は無料視聴トライアル期間を設けていますので、それを利用するのです。

 

たとえば、U-NEXTなら31日間の無料視聴トライアルが可能で600円分のポイントが付与されます。

 

それでだいたい1ヶ月の自分の予定と、課金作品(PPV)を計算して、お得だと思えば自動更新すればいいですし、違うと思えば、他の無料視聴と申し込めばいいのです。

 

コンテンツ数が多いのが1つの指標となっていますが、毎日ずっとデバイスにへばりついて生きているわけではありませんので、いくらコンテンツ数が多くても見ることのできる本数は限られています。それに、お目当てのものが最新作品をいち早くと思っているなら、課金作品となり、結局映画館に行った方がよかったとなる場合もあるのです。

 

あとは、何度も見たい人、そうでない人でもダウンロードできるかどうかで変わってきます。ちなみにHuluはダウンロード機能はありませんし、他社の1ヶ月無料と比較してもたったの2週間です。

 

あと、画質も4Kに対応していないことから、経済的に余裕のある人なら、コンテンツ数が一番多くて4K対応でダウンロードができるU-NEXTや世界最大級といわれているNetflixなどを選択するかもしれませんね。